プリンター用の洗浄カートリッジはコスト削減に効果がある

女性

OA機器は借りて利用する

複合機

OA機器は借りて利用

ビジネスを進めていくうえで、複合機のようなOA機器は必須になっていますが、この複合機はリース契約で導入することが多いのです。リース契約を行うメリットですが、まず最初に資産として計上することがなく、固定資産税の支払いを考えなくても良いということです。これは複合機の使われ方として、長期間使われることを考えると、全体的な経費節減につながってくるのです。また2008年に新リース会計基準が設けられたのですが、中小企業であれば今までの賃貸借物件として処理することができます。また長期間契約なので、導入当初は最新機種を導入することが可能ですし、数年使ってからその時の最新機種に交換することも可能です。なお複合機の所有権はリース会社になり、納品までの手続きが少し煩雑になりますが、実際の納品は直接行われます。さらにリース料金の中には、保守メンテナンス費用も含めることができますので、急な出費などを抑えることができます。もちろん電話機システムや机などの備品とともに、リース契約することができますので、機器がまとまって必要な際には、すべてリース契約にすることも可能です。このようにメリットの多いリース契約ですが、実際の月額費用もかなり安価になっており、3〜4千円程度からあるのです。コピー用紙代やトナー代なども含まれているので、月額費用が低くても、安心して複合機を利用することができるのです。このように複合機は、リース契約を行うことで、日々のメンテナンスも含めて、安価に安心して利用することができるのです。